我が家の除菌スタイル確立まで、、いつまで続くのか。

4人家族の主婦です。もともと冬場はエタノールの除菌剤を愛用していました。自分がインフルエンザに3回もかかった事があるからです。インフルエンザは本当に辛い。高熱、節々の痛み、仕事も休み迷惑をかけ、家族にもうつさない様に気を使って。除菌対策を始めた5年前からはかかっていません。家では家族が触る玄関のドアノブ、洗面所、トイレなどにエタノールをシュッ。うがい手洗いも家族全員に言い聞かせて習慣化。ですが「潔癖」「神経質」と言われるのでは、となんとなく完璧には徹底出来ずにいました。もともとはズボラで面倒くさがりで、ただただインフルエンザになりたくなくて除菌を始めたんです。「私はきっとウイルスに弱い体質なのだ」と感じたからで、自己防衛です。でも、外出時に持ち歩いていた携帯用手指消毒剤を「そんなの持ってる人初めて会った」と言われたり、家でもあまりうるさく言うと子供達が潔癖症になって友達の家で普通に過ごせなくなるんじゃないか、と考えたりして。それがこのコロナ禍で一変。世間の人々全員ってくらい消毒剤を携帯していますよね。我が家も家族全員に持たせました。「お母さんはもともと使ってたけどね」と鬼のクビを取ったように(笑)そして家の除菌対策もアップデート。実は前から洗面所、トイレ、キッチンのタオルの共用を辞めたかったのですが(やり過ぎかな)と躊躇していて。この度全てペーパータオルに。歯磨き用のコップも紙コップに。エタノール除菌剤も以前よりフル活動。もう気兼ねなく家族に「除菌」を強要しています。でも、満足かというとそうではありません。前はやっていなかったソファーやクッションなども除菌したり、トイレから出る度にハンドソープで手洗いしたり、前よりやる事が増えて正直面倒でもあります。除菌剤類やペーパータオル、紙コップの消費が早く経費もかかります。以前は単なる「自己防衛」で始めた除菌。今では「恐怖との戦い」「切迫した義務」となり、ずっとこの状況なのかな、、と嫌気がさしているのも事実です。ほどほどの前の生活に戻りたい、とも思います。