風邪・コロナ予防の重要性

私はこの1年、消毒、病気の予防を行うことの重要性を実感している。
私はあまり手洗い、うがいなどをしてこない人生でして、年に2、3回程度風邪を患ってきました。病状はそれほど重くなく、典型的なお腹からくる風邪や喉からくる風邪をひいていました。手洗い、うがいをたまにしているのですがなかなかルーティンとして定着しなくて毎年毎年数回風邪をわずらっていました。
 そんな中迎えた今年。コロナウイルスが世界で猛威を振るい、場合によっては死にいたる感染力の高い厄介な病気です。2年前に結婚した妻は看護師をしていてコロナ病棟に勤務しています。なので人一倍予防意識の高い人です。そんな妻に帰宅後手洗いうがい、アルコールスプレーの徹底利用を心がけるように言われており、私も生まれて初めて言われた通りに予防をこころがけました。たとえば出先においてあるアルコールスプレーを適宜手にかけたり、手洗いうがいを仕事中、帰宅後と時間をかけてやってみたり、忘れそうになったら妻に呼びかけてもらったり、と今年はずっと徹底して予防策を実施してきました。その結果、今年は珍しく風邪をまだひいておらず、当然コロナウイルスにもかかっていません。このことから、私が毎年患っていた風邪は予防次第では防げたことだったと、また、アルコールスプレーを出先で適宜噴射していたことも予防としておおきな効果を発揮していると実感している。呼びかけてくれた妻には感謝しかない。
 今年コロナが流行ったこと、またこれからも流行っていくことを考えながら今後も徹底して予防していくことで感染症を患わないようにしていきたいと考えている。